ピル 保険適用

ピルで保険がきくのは重い生理痛の治療薬として使う場合のみ

 

 

様々なメリットがあることで注目を集めている低用量ピルですが、やはり気になるのはその費用です。「ピルは保険適用外なのでは?」「保険がきかないと自費でいくら?」と疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。

 

お察しの通り、低用量ピルは基本的には保険適用外です。低用量ピルの薬代はもちろん、それにかかってくる診察代や検査代も保険適用外となるので、思いの外費用が掛かってしまいます。

 

 

しかし、実はそんな低用量ピルが保険適用になる場合があるのです。それは、月経困難症の治療薬として使用する場合です。いわゆる生理痛ですね。月経痛が日常生活に支障をきたすほど重度な方は月経困難症と診断され、保険適用で治療を行うことが可能なのです。

 

 

この生理痛、男性にはわからない女性の悩みの一つですよね。月経は周期的にやってくる生理現象ですが、大事な仕事、楽しみな旅行等大切な予定と重なるととても憂鬱な気分になります。

 

特に生理痛の重い方は生理が来るとどうしてもイライラしてしまったり、重い生理痛に悩まされたり…何とかならないものかと思っている方も少なくはないでしょう。

 

 

低用量ピルの効果として、服用することで重い生理痛の軽減があります。

 

ピルというと避妊目的で使用するイメージが強いかもしれませんが、実は重い生理痛(月経困難症)の治療にも用いられる薬なのです。月経困難症の治療に使う場合は保険が効き、超低用量ピル「ヤーズ」と「ルナベル(ULD)」が該当します。

 

 

ちなみにですが、なぜ低世量ピルを飲むことで生理痛が軽減されるのでしょう?

 

月経痛は主に子宮内膜に存在する発痛物質(プロスタグランジン)が多くなることで起こるとされています。鎮痛薬はこの酵素の働きを抑えることで痛みを軽減するので、薬が切れるとまた痛みが戻ってきます。

 

しかし、低用量ピルは、この痛みの元となる酵素を作り出す子宮内膜を薄く保つ作用があるので、結果として酵素そのものの量が少なくなります。

 

ですから、重い生理痛も痛みの元から絶ってくれるというわけです。

 

 

残念なことに、日本ではまだまだ低用量ピルの保険適用は進んでいません。

 

もし上記にあてはまらない方で低用量ピルを購入したいという方は、通販を利用すると安価に購入することができます。しかし、この方法はあくまで低用量ピルのしっかりとした知識を身に着け、ある程度の期間服用を続けてきた方のみお勧めします。

 

初めての方はお医者さんで処方してもらってください。

 

 

 

関連ページ

低用量ピルはホルモン量をかなり抑えた副作用の少ない避妊薬
望まない妊娠はしたくない!コンドームよりも確実なピルの避妊効果
ピルを飲むと浮腫んじゃう?ピルの浮腫みは服用を続けることで解消される
生理じゃないのにお腹が痛い!ガン化することもあるチョコレート嚢胞
低用量ピルはいつ飲むの?ピルは毎日同じ時間に1錠飲むだけ
生理をずらしたい!生理を遅らせるには病院で薬を貰わないとダメ?
ピルを飲み忘れたら妊娠する?ピルを服用しても避妊効果が薄れることも
月経の予定日を変えるには?ピルなら生理周期をコントロールできる
ピルとアフターピルの違いは?アフターピルは避妊に失敗した時の緊急避妊薬
ピルでPMSの様々な症状を緩和する!ピルの月経前症候群の効果
喫煙者のピル服用はキケン!血栓症の発生リスクが160倍に高まる
ピルの服用で不正出血が!大抵は殆ど消失するけど重篤な病気の場合も
低用量ピルを服用するなら飲み方やホルモン量で選ぶピルの種類が変わる
クリニックで処方されることの多い低用量ピルはトリキュラー
低用量ピルの飲み方は簡単!シート裏面の記載通り順に服用するだけ
コンドームの使用で妻が痒がる!デリケートな女性のための避妊方法

TOP 低用量ピルの種類 低用量ピルの服用経験談 データで見る低用量ピル 低用量ピルの基礎知識