ピル pms 効果

ピルの服用で辛い月経前症候群(PMS)の症状が和らぐ

 

 

PMSとは『Premenstrual Syndrome』の略で、月経前症候群のことです。

 

月経前症候群とはその名の通り、月経の前に現れる様々な症状のことです。どんな症状かは人それぞれ個人差がありますが、主に乳房のハリや痛み、顔や手足のむくみ、眠気、不眠、便秘、下痢、頭痛、吐き気、にきび、食欲増進などが挙げられます。

 

また、この他にもイライラしたり、集中できなくなったり、気分が落ち込んだりといった心の症状も月経前症候群にあたります。

 

 

女性であれば多くの方がこのPMSに悩まされているのではないでしょうか。

 

そんな女性の悩みを解決してくれる薬が、低用量ピルなのです。ピルと言うとどうしても避妊薬のイメージが強いと思います。本来の目的も避妊で間違いありません。しかし、今注目を集めているのが、この低用量ピルを服用することによって起こる副効果です。

 

 

低用量ピルは女性ホルモンを含む薬で、服用を続けると身体を疑似妊娠状態にします。すると、排卵が抑えられるようになり、その結果多くの副効果をもたらします。

 

例えば、受精卵が着床するために分厚くなり、生理の度に剥がれ落ちる子宮内膜があまり厚くならなくなるので、生理の時の出血が少なくなり、痛みも軽減されます。他にも排卵の前後で大きく変化するホルモンの量が一定に保たれるようになるのでPMSの様々な症状が緩和されるのです。

 

低用量ピルは副作用もほとんどありませんので、PMSにお悩みの方にはお勧めです。

 

 

関連ページ

低用量ピルはホルモン量をかなり抑えた副作用の少ない避妊薬
望まない妊娠はしたくない!コンドームよりも確実なピルの避妊効果
ピルを飲むと浮腫んじゃう?ピルの浮腫みは服用を続けることで解消される
生理じゃないのにお腹が痛い!ガン化することもあるチョコレート嚢胞
ピルで保険が適用されるのは重い生理痛の治療薬として使う場合のみ
低用量ピルはいつ飲むの?ピルは毎日同じ時間に1錠飲むだけ
生理をずらしたい!生理を遅らせるには病院で薬を貰わないとダメ?
ピルを飲み忘れたら妊娠する?ピルを服用しても避妊効果が薄れることも
月経の予定日を変えるには?ピルなら生理周期をコントロールできる
ピルとアフターピルの違いは?アフターピルは避妊に失敗した時の緊急避妊薬
喫煙者のピル服用はキケン!血栓症の発生リスクが160倍に高まる
ピルの服用で不正出血が!大抵は殆ど消失するけど重篤な病気の場合も
低用量ピルを服用するなら飲み方やホルモン量で選ぶピルの種類が変わる
クリニックで処方されることの多い低用量ピルはトリキュラー
低用量ピルの飲み方は簡単!シート裏面の記載通り順に服用するだけ
コンドームの使用で妻が痒がる!デリケートな女性のための避妊方法

TOP 低用量ピルの種類 低用量ピルの服用経験談 データで見る低用量ピル 低用量ピルの基礎知識