ピル 負担 少ない

飲み方やホルモン量で選択する低用量ピルが変わる

 

 

低用量ピルの服用を考えて調べていると、よく出てくる言葉に「一相性」「二相性」「三相性」があります。いったいどういう意味? 私は何を使えばいいの? と疑問にもたれることでしょう。そんな低用量ピルの種類について書いていきます。

 

 

低用量ピルには「21錠タイプ」と「28錠タイプ」の2つがあります。

 

これは1シートに入っている錠剤の数の違いですが、7錠分つまり7日間の休薬期間があるかどうかともいえます。21錠タイプは休薬期間中に薬を飲まずに過ごすため飲み忘れに注意が必要です。

 

28錠タイプは飲み忘れの防止のための偽薬を22錠目〜28錠目まで服用します。21錠タイプの休薬期間中薬を飲むということですね。28錠タイプは薬を飲むことを習慣化するために開発されたものです。

 

 

また、低用量ピルは「一相性」と「段階型ピル」に分けられます。

 

錠剤中のホルモンが量一定に保たれているのが「一相性」で、女性の身体のリズムに合わせてホルモン量が段階的に増えていくよう調整された「段階型ピル」に分けられます。

 

「段階型ピル」はさらにホルモン量を二段階にした「二相性」と三段階にした「三相性」に分けられます。身体への負担を考えると、ホルモン量が次第に増えていく段階型の三相性ピルを選択する方がいいですよね。

 

 

ピルの服用方法として、飲み間違えないのが一相性のピルです。

 

ホルモン量が全て同じですから、錠剤を飲む順番が変わってもそのまま飲み続けられるので便利です。そのため、欧米ではこちらが好まれています

 

それに対し段階型ピル錠剤を順番通りに飲み進めていく必要があるので注意が必要です。飲み方の便利さを取って一相性を取るか、それともより自然に近い形でホルモン量を調節する段階性ピルを取るか、どちらを選ぶのが賢明なのかはあなた次第です。

 

 

クリニックで処方されたり通販で購入できる低用量ピルをそれぞれタイプ別に分けてみると、次のようになります。

 

21錠タイプ

フェミロン(マーベロンジェネリック)
ヤスミン (ヤーズジェネリック)
マイクロギノン21 / マイクロジノン21
ノベロン (マーベロンジェネリック)
ダイアン35
トリキュラー21

 

一相性ピル

ノベロン (マーベロンジェネリック)
ダイアン35
フェミロン(マーベロンジェネリック)
ヤスミン (ヤーズジェネリック)

 

三相性ピル

マイクロギノン21 / マイクロジノン21
トリキュラー21

 

関連ページ

低用量ピルはホルモン量をかなり抑えた副作用の少ない避妊薬
望まない妊娠はしたくない!コンドームよりも確実なピルの避妊効果
ピルを飲むと浮腫んじゃう?ピルの浮腫みは服用を続けることで解消される
生理じゃないのにお腹が痛い!ガン化することもあるチョコレート嚢胞
ピルで保険が適用されるのは重い生理痛の治療薬として使う場合のみ
低用量ピルはいつ飲むの?ピルは毎日同じ時間に1錠飲むだけ
生理をずらしたい!生理を遅らせるには病院で薬を貰わないとダメ?
ピルを飲み忘れたら妊娠する?ピルを服用しても避妊効果が薄れることも
月経の予定日を変えるには?ピルなら生理周期をコントロールできる
ピルとアフターピルの違いは?アフターピルは避妊に失敗した時の緊急避妊薬
ピルでPMSの様々な症状を緩和する!ピルの月経前症候群の効果
喫煙者のピル服用はキケン!血栓症の発生リスクが160倍に高まる
ピルの服用で不正出血が!大抵は殆ど消失するけど重篤な病気の場合も
クリニックで処方されることの多い低用量ピルはトリキュラー
低用量ピルの飲み方は簡単!シート裏面の記載通り順に服用するだけ
コンドームの使用で妻が痒がる!デリケートな女性のための避妊方法

TOP 低用量ピルの種類 低用量ピルの服用経験談 データで見る低用量ピル 低用量ピルの基礎知識